ファイルメーカーをモバイルで活用する

subpage01

ファイルメーカーは、一般的なデスクトップパソコンをはじめとして、モバイル端末、タブレット端末などでも動作可能なデータベースを構築するためのアプリケーションソフトです。


このようにプラットフォームを選ばず、既存のデータと連携することができる点は、他のソフトにない大きな特徴といえます。

そのため、たとえば受発注の記録や報告のためのツールを新たに作成し、既存の在庫データと組み合わせて、さらに作業を効率化するなどの使い方ができます。

新規に作成したアプリケーションも、モバイル端末から呼び出すことによって、現場の動きに即応させることができ、さらに仕事の幅が広がります。

ファイルメーカー EC2の情報を簡単に探すことができます。

モバイル端末などを使う場合には、電波の状態によっては、オンライン状態が保てないこともあります。



しかし、ファイルメーカーでつくられたアプリケーションは、オフラインでの作業も支障はなく、オンラインで接続されたときに、これまでに入力したデータを同期させることも可能です。


出先などのモバイル環境で用いる場合、たとえばカメラや位置情報と連携させ、さらにデータを充実させるなど、モバイル特有の使い方をすることができる点も、ファイルメーカーのすぐれたメリットです。

手書きのサインなどを取り込むこともできますので、現場で上司の決裁を受けるなどの、機動的な運用も考えられます。
これまでのデータベースソフトにありがちな、デスクワークだけを前提としたありかたから、一歩進んだ使い方の工夫ができるのも、ファイルメーカーならではといえます。



新規に導入する場合には、無料の評価版が用意されているため、テストの上で正式採用することもできます。